世界仰天ニュース カナダのポールが8歳の女の子に 2月8日



2月8日の世界仰天ニュースでは、ある日突然8歳の女の子になった、カナダのポールという男性を特集しています。

7人の子どもと妻を捨てて、女の子として生きることを選んだポールの壮絶な人生をまとめました。



8歳の女の子になった52歳の男性「ポール」

カナダに住むポールという男性は、性同一性障害であることに気づき、ある日家を出て、8歳の女の子として生きていく決心をしました。

現在は義理の両親がいて、養子として迎えてもらい、生活しています。

ポールは名前も改名し、ポールという名前から「ステンフォンニー・ウォルシュ」という名前に変わっています。

ポールは同じく性同一性障害に悩む人達の集会に参加するなどして、性同一性障害の啓蒙活動をしています。


壮絶なポールの人生


ポールは現在、養子として義理の両親と暮らしています

ポールは男性から女性の人生へと切り替える時に、家を出ています。当時ポールには妻と7人の子どもがいました。しかし、ポールはその家族を捨てるという決断をしています。

家を出たポールに対して、世間の風当たりは冷たくなりました。やがて仕事も辞めざるを得なくなり、ホームレス同然の生活を余儀なくされます。このようなドン底の生活の中、ポールは2度の自殺未遂も起こすほどに追い詰められます。

追い詰められたポールでしたが、そこにポールを養子として引き取るという夫婦が現れます。現在ポールは、その夫婦の元で女の子としての生活を満喫しています。


ポールの家族

ポールには7人の子供と妻がいました。女性として生きると決断した時に、この家族の元を離れています。


ポールと妻のマリアと7人の子どもたちの写真


ポールと妻のマリアの写真